Press "Enter" to skip to content

知ってた?がんは食生活で予防できること!おすすめの食材はこれ!

がんを発症してしまうメカニズムって?

死亡する人も多いがん、そもそもなぜがんを発症してしまうのでしょうか。がんは正常な細胞ががん細胞という悪性腫瘍になってしまうことが原因です。悪性腫瘍は他の正常な細胞にも悪影響を及ぼし、どんどん広がっていきます。がん細胞ができてしまう要因には、喫煙やアルコール、また食生活などの生活習慣が大きく関わっているのです。少しの心がけで改善できることはたくさんあるでしょう。暴飲暴食など、思い当たる点がある人は、少しずつ見直していくことをおすすめします。

がんの予防に効果的な食材って?

がん予防のために積極的に摂りたい食材の1つとしてニンニクがあります。がん対策として重要視される食材が多くある中で、ニンニクはかなり高い位置にあるのですよ。ニンニクが注目されるポイントには、肝臓を強化し発がん性物質の排出を促すこと、がん細胞の増殖を防ぎ死滅させること、免疫を高めることからがん細胞を死滅させる、ということが考えられます。このようなニンニクの働きを有効的に利用するために、できるだけ熱を加えないことが重要です。オイルに溶かしたり、低温での加熱が理想的でしょう。

がん別に見る!おすすめ食材

がんの中で多いのが消化器系のがんではないでしょうか。そこで、消化器系のがん予防に高い効果を発揮する食材がキャベツなのです。キャベツには抗がん作用をもたらすイソチアシアネートやインドールという物質が豊富に含まれています。またビタミンCも多く、正常な細胞が酸化するのを防ぐ働きが期待できるのです。キャベツは身近な食材でもあるのでぜひ摂りたいですよね。しかしキャベツもニンニクと同様、加熱することでこれらの効果が失われてしまいます。サラダで食べることが最も効果的ですよ。

がん先端治療のコストは、一般的に高額に設定されていることがあり、保険適用の治療法の特徴をじっくりと理解することが必要です。